2015年12月10日

ガンの予防に正常細胞の働きが重要。クラウドファンディングによる研究費獲得にチャレンジ

マイナビニュースの「科学界のタブー、がん“予防”に「細胞競合」という新しい研究分野から挑む - 北大 藤田恭之教授」より。

実は「これを食べればがんを予防できる!」といったような話題をよく耳にすることがあるかもしれないが、実はこれらを科学的に実証することは難しく、科学の世界においてがん“予防”の研究はこれまでタブー視されてきた分野であるといいます。

藤田教授はこの科学界のタブーに切り込み「がんの予防薬」の開発を目指しています。

藤田教授が着目したのは、現在臨床の対象外となっており、がん研究においてブラックボックスとなっているがんの「超早期病変」です。

がんは数年かけて徐々に蓄積されていく病気で、がん遺伝子およびがん抑制遺伝子にいくつかの変異が入ることによって発症しますが、「超早期病変」だと病変は見かけ上正常にみえるため、現在の病理診断技術では発見することができなく、欧米では今年から、潜在的な病変の早期発見と対策という研究分野に予算が付けられているといいますが、日本では残念ながらそういった事例はまだないのです。

藤田教授は2009年、正常な細胞にテトラサイクリンという抗生物質を加えることで、がんタンパク質を発現させるという細胞を作成。これを利用して、正常細胞に囲まれたところにがん細胞が存在するという、これまでブラックボックスとなっていたがんの超初期段階の環境を再現しました。

この際、正常細胞の社会からがん細胞がはじき出され、体外に排出される方向へ抜けていくという、いわば“村八分”的な現象が起こったという。これが、藤田教授がメインテーマとして研究に取り組む「細胞競合」です。

つまり「“チョイ悪”の腫瘍細胞は周りの正常細胞がなんとか対応するのではないだろうか」という社会的な観点が新しいのです。

この時、正常細胞と変異細胞の境界で「ビメンチン」が正常細胞側からの影響で濃縮。変異細胞を攻撃します。

細胞競合は平成26年〜平成30年の文部科学省 新学術領域研究に採択されており、今後ますます発展していくものと思われる分野です。

しかし、がんの“予防”を目的とした研究自体にはこの科学研究費は利用できないといいます。

そこで、藤田教授は現在、世界初のがん予防薬および診断薬を「細胞競合」という現象を利用して開発することを目標に、クラウドファンディングによる研究費獲得にチャレンジしています。

イギリスでは「Cancer Research UK」というがん研究への寄付活動を行う組織がある。Cancer Research UKではたとえば、街中にある同組織の店舗で衣服などを購入すると、それががん研究への資金となる。藤田教授によると「欧米では、国からの研究費のほかに一般の方のドネーション(寄付)が大きな比重を占めている」といいます。

藤田教授の目指す今回のクラウドファンディングの目標である500万円。これは決して大きな金額ではないです。しかし、今回のチャレンジの成否が、日本におけるがん研究、ひいてはサイエンスへの寄付文化を根付かせることができるかどうかの試金石となりそうです。

「細胞競合という新しい研究分野を利用して、これまでタブー視されてきたがんの予防に、クラウドファンディングを通じてみなさんと一緒に取り組んでいきたい」(藤田教授)
posted by カミガタ at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | がん研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

正常な細胞ががん細胞に変わるのを防ぐ遺伝子特定

正常な細胞ががん細胞に変わるのを直接防ぐ遺伝子「PHLDA3」がガンの増殖を防ぐ大事な遺伝子のようです。

この遺伝子を培養して、抗がん剤を作るのでしょうか。
今後の研究の発展が期待できますね。

正常な細胞ががん細胞に変わるのを直接防ぐ遺伝子を、国立がんセンター研究所の大木理恵子研究員(分子生物学)らが特定した。さまざまながんの治療や診断の開発に役立つ可能性がある。6日付の米科学誌セルで発表した。

 すべての正常細胞は遺伝子「Akt」の働きが異常になると、がん化することが知られている。通常、がん抑制遺伝子「p53」が司令塔となって、Aktががん化するのを防いでいるが、指示を受けて働く遺伝子の正体は謎だった。

 研究チームは、がん細胞が死ぬことなく異常に増殖することから、細胞死を引き起こす遺伝子「PHLDA3」ががん化と関係があるのではないかと注目。ヒトの肺がん細胞を調べたところ、この遺伝子が欠けていることを突き止めた。また、Akt遺伝子の働きも異常に活発化していたことも確認した
posted by カミガタ at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | がん研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

生きたがん細胞だけ光らせる検査分子で、微小がん早期発見可能に

これによって、がんの早期発見が期待できそうで、手遅れになる前に治療しやすくなったのではないでしょうか。

がん対策はどんどん進んでいますね。

がんを早期発見する本です
 

(産経新聞より)
生きたがん細胞だけ光らせる 微小でも判別可能に

生きたがん細胞だけを光らせる検査分子を、東大大学院薬学系研究科の浦野泰照准教授らが開発した。小さながんの診断や摘出手術に役立つ成果で、この技術を使って微小ながんを持つマウスの患部を除去することにも成功した。米科学誌「ネイチャー・メディシン」(電子版)に発表した。

 浦野准教授と米国立衛生研究所の小林久隆・主任研究員との共同実験による成果。がん細胞だけに取り込まれる抗体タンパク質と、がん細胞内の環境を検知して光を出す蛍光分子を組み合わせた。がん細胞に入り込んだ抗体タンパク質が、弱酸性の性質を持つ小器官に運ばれることに着目。弱酸性の環境に反応したときだけに光るよう、蛍光分子を設計した。この検査分子を、がんを発症させたマウスに注射すると、早ければ数時間でがん細胞だけが光り始めたという。

 がんを検出する方法としては、PET(陽電子放出断層撮影)やMRI(磁気共鳴画像法)などの技術があるが、従来の検査分子はがん細胞に取り込まれなかった場合にも反応してしまうため、ミリ単位の微小がんの検出は難しかった。

 今回の技術は、数ミリ程度の微小がんでも判別できる。また、がん細胞が死ぬと光も消えるため、治療効果を確認しながら手術を行うことも初めて可能になった。浦野准教授は、「小さながんでも見落しが少なくなり、1回の手術で終わらせることもできる。5年以内の実用化を目指したい」と話している。
posted by カミガタ at 15:59| Comment(0) | TrackBack(2) | がん研究 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。